■サイトマップ ■お問い合わせ

お問い合わせはこちら

キャバクラの面接

まずは面接です。面接をパスしなければ体験入店はできません。面接後、即日、体験入店できる場合もあります。

面接時の持ち物

身分証だけになります。履歴書は必要ありません。お店側が履歴書に変わるものを用意しているので、面接時にはそれに記入します。

採用基準のポイント

1 容姿
キャバクラの面接で一番重要視されるのはやはり容姿です。顔とスタイルがよければよいほど保証時給はよくなります。入れ墨はワンポイントであればOKです。仮にワンポイントもダメな場合や大きく入れ墨が入ってる場合、スーツやストールで隠すことができればOKです。鼻や口、舌にピアスをしてる場合ははずした方がよいです。
2 経験
経験者か未経験者かにより、また経験者で自分指名のお客がいるかどうかにより保証時給は違ってきます。
3 勤務日数や勤務時間
たくさん出勤(いわゆるレギュラー出勤)でき、長い時間働けるかどうかがポイントです。出勤日数が少なかったり、週末の忙しい曜日に出勤ができなかったり、終電上がり等、短時間しか働けないとなると採用率や保証時給が低くなります。また、短期間しか働けないとなると採用率はかなり低くなります。お店は長期間働ける人を求めてます。
4 意識
何の努力もしないで給料をもらおうというのではなく、お客をしっかりつかみ売り上げを伸ばそうという意識を面接担当者に伝えることが大切です。

メイク

面接にのぞむ際、メイクはきっちりしていきましょう。手抜きやすっぴんはまず採用されないと思ったほうがよいです。

メイクのポイント

  • まゆにアイブローパウダーをのせる
  • まぶたにアイシャドーを塗る
  • ビューラーでまつげをあげる
  • つけまつげをつけるまつげにマスカラを塗る
  • 目の際にアイラインを引く
  • 目のクマ消しにコンシーラーを塗る
  • 鼻にノーズシャドーを入れる
  • 顔全体に下地を塗る顔全体にフェイスパウダーをのせる
  • ほおにチークを入れる

ヘア

髪は美容室やヘアサロンでセットしてくると好印象を与えます。料金はだいたい1500円〜2000円が相場です。
髪の色は黒でも構いません。染める場合は金よりブラウンのほうが無難です。お店によっては金髪NGの場合があるからです。またプリン状態の人は染め直した方がよいです。

面接中

面接担当者が名刺を渡してきたら両手で名刺は受け取ります。
面接時には携帯の音が鳴らないようにバイブやマナーモードにしておきます。
面接中に携帯をいじったり、足を組んだり、手で髪をいじったりするのは厳禁です。ガムを口に含んだりはもっての他です。
言葉遣いも大事です。しっかり敬語を使うことが大切です。